読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字ブログ

文字(書体、フォント、タイポグラフィ、活字、活版印刷)についてど素人が学習した結果をまとめるブログです。デザイン初学者(本業ITエンジニア)なので、誤り、偏見、言い過ぎ等多々あるかと思いますが、 よろしければコメントにてご指摘いただけると幸いです。

2つの特徴から迫るリオオリンピック・フォント(Rio 2016 font)

※(お詫び)著作権がなんとなく怖くて写真を載せていませんが、確認をとって載せられる写真は載せたいと思います。 気になる方は「参考」に挙げたリンクで実際にフォントを見てみてくださいね。 リオオリンピックも折り返し地点、日本チームのメダルラッシュも…

「妄想欧文書体図鑑」はじめます

御判りのように、私は、この啓蒙の時代にあってなおあえて次のように告白する程に途方もない人間です。即ち、我々は一般に無教育な感情の持ち主であって、我々の古い偏見を捨て去るどころかそれを大いに慈しんでいること、また、己が恥の上塗りでしょうが、…

楽しく学ぶ(?)文字組編

週一で更新を目指すこのブログ、今回は 『タイポグラフィ05 楽しく学ぶ文字入門』 第1特集「楽しく学ぶ文字入門」より、「CHAPTER 2 TYPE SETTINGS 文字組編」をざっくりまとめます。 文字組とは? 組版(くみはん)とは、印刷の一工程で、文字や図版などの…

『The Helvetica Book』(大谷 秀映著)まとめとヘルベチカ入門

ヘルベチカとは この本は「ヘルベチカ」についてあらゆる角度から書かれた本であり、ヘルベチカとは世界でもっとも有名な書体です。 そして実家の活版印刷所が(おそらく)日本で初めてドイツから活字を輸入した書体でもあります。 商品のパッケージ、各種交通…

空港の書体(成田〜デンパサール)

一昨日まで旅行でバリに行ってきました。 さて、文字を学習すると気になるのが空港で利用されている書体ですよね。 …ですよね? というのも空港は様々な年齢・国籍の方々が利用し、かつ表示する情報がとても多い場所です。 ですので遠くから見ても視認性の高…

『ノンデザイナーズ・デザインブック』[活字でデザインする]まとめ(前編)

この本の後半では、活字に特化して説明します。活字はデザインのすべてだからです。そうですよね? デザイン初学者ならまずこの一冊! と呼ばれていたので読みました。 この本がプロの方にとってどれだけ正確なものかはわかりませんが、初心者でもわかりやす…