読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字ブログ

文字(書体、フォント、タイポグラフィ、活字、活版印刷)についてど素人が学習した結果をまとめるブログです。デザイン初学者(本業ITエンジニア)なので、誤り、偏見、言い過ぎ等多々あるかと思いますが、 よろしければコメントにてご指摘いただけると幸いです。

2つの特徴から迫るリオオリンピック・フォント(Rio 2016 font)

※(お詫び)著作権がなんとなく怖くて写真を載せていませんが、確認をとって載せられる写真は載せたいと思います。
気になる方は「参考」に挙げたリンクで実際にフォントを見てみてくださいね。

リオオリンピックも折り返し地点、日本チームのメダルラッシュも話題になっていますが、フォント好きにとって気になるのは選手のゼッケンに描かれた大胆で個性的なフォント。
この大胆で個性的なフォント「Rio 2016 font」について2つの特徴からせまってみます。

特徴1. ロゴを元に作られたフォント

ロゴができてから約18ヶ月後にフォント作成が進められます。
デザイナーのDalton Maagは言います。

フォントはロゴの正確なレプリカであること、ということが指示でした。

これ、IT業界でいう「リバース・エンジニアリング」ってやつかもしれません。
ただ、Rio2016は素晴らしいロゴであるけど、統一的なフォントにするには個性的…
Dalton Maagは続けます。

ロゴとフォントの違い、ロゴは文字の組み合わせは決まってる。
でも、フォントでは、次にどんな文字が来てもいい感じにマッチするようにならなきゃならない。
ロゴでは'R'とか'2'はすごい流動的だけど、'1'はとても直線的、そして、'o'は傾斜がついてる。
これらを調和的なシステムとして働くようなバランスを見つけることが、最大のチャレンジでした。

彼らは23(!)ものフォントのコンセプトを考え、「情熱的」に比較し、また文字同士のバランスを取るため文字やリガチャを様々に「変形」するといったあらゆる工夫を重ねたようです。
まさにエンブレムのコンセプトと同じ「Passion」と「Transformation」という2つのコンセプトから作業が進められました。

特徴2. 街、人々、アスリートから着想された文字

今回のフォントで一番面白い! と思ったのは、いくつかの文字はリオの街や人々、競技に打ち込むアスリートが着想元になっていることです。

2020年の東京オリンピックでもこの発想でフォントが作られたら面白いなぁ、と思います。
東京タワーを形どった'A'とかシン・ゴジラを形どった文字とか、妄想はつきません…(笑)

参考

99u.com rio2016olympicswiki.com